幼稚園紹介

園長あいさつ

園長写真

 

幼稚園は子どもがはじめて出会う教育の場です

 子どもたちの生活環境や発育・発達状況を把握し、集団での育ち・個々の育ちに目を向け、専門家である教職員が組織的に、計画的な指導を行うところが幼稚園です。 子ども(幼児)の発達課題は、必ずしもその子の月齢と一致するものではありません。生年月日で区切られた集団を、同じ発達課題で保育するのではなく、個々の発達課題を優先すると、異年齢混合クラス編成が大きな意味を持ってきます。

 聖母幼稚園では、生活の場を年齢混合にすることで、

  「一人ひとりの発達に応じた指導を受ける」

  「一人で出来ることを増やしていく」

  「教えることで、より自分自身の理解を深める」

  「小さな子は、大きな子の活動を身近に見ることで憧れを持ち目標とする」

  「大きい子は、小さい子と生活を共にすることで、配慮や手助けが自然に出来るようになる」

 このような育ち合いが期待できると考えています。

 

 また、同学年の意識を持つことも大切と考え、一日の保育時間の中に同学年の一斉活動を意図的に組み入れ、体育指導・音楽指導・宗教教育・言語や数にかかわる指導を行っていきます。

 家庭と協力をしながら、子どもの思い・願いに気付き、より深い子どもの理解につなげ、「自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる力を育てる」ことを目指します。

 

 


園の概要

創立
1950年4月
経営主
学校法人聖トマ学園
所在地
〒231-0055 横浜市中区末吉町1-13
TEL   045-261-7351/FAX   045-261-7354
園児数(2017年5月1日現在)
園児数 180名
3歳児 66名
4歳児 66名
5歳児 48名
クラス編成
異年齢混合保育 6クラス
職員
常勤職員   12名
非常勤職員  8名
職員その他  6名
制服:年中・年長児が着用します