教育理念

園内イメージ

教育理念

 神様への大きな信頼と委ねの心を培い、親を敬い、祈る心・感謝する心・人に対する思いやりの心を育てることを保育の柱とします。


〇出来る喜び

あらゆる可能性を内に秘め成長している子どものために、家庭の生活と補い合って、一人一人の発達に寄り添い、子ども自ら「ひとりで出来るよ!」という喜びの体験を数多く出来るように手助けをし、自尊感情を芽生えさせます。

〇発見する喜び

「なぜ?どうして?」という子どもの思いを受けとめ、自らの力で探求出来る刺激と環境を与え、それぞれの年齢に応じた「わかった!」という発見の喜びを体験することで、自主性が育ち、自分に自信が持てるようになると考えます。

〇分かち合う喜び(子どもの共同体による社会生活の中で)

 同年齢との関わり:自我の芽生えの中で様々なぶつかり合いを体験しながら、我慢や譲り合いを覚え、より楽しい遊びへと発展することを知り、

           協調性が芽生えてきます。

 異年齢との関わり:大きな子は小さな子との関わりの中で、教える喜びを体験すると共に、自分に自信を持ち優しさや思いやりの心を育みます。

          小さな子は大きな子への信頼と憧れを持ち、自らもこうなりたいと思うことで、相互のより良い成長が見られます。